シェアハウスのあれこれ

あなたはシェアハウスに向いている?向いていない?

テレビ番組でも話題になったシェアハウスですが、知らない人と一緒に暮らすという所に不安な点もたくさんあると思います。一番大切なのは、そこで生活していけるのかということではないでしょうか。どんな人がいるかわからない、後からどんな人が入ってくるかわからないということでシェアハウスを敬遠される方もいます。このような不安を感じている人が多いからこそ、より安全に、快適に生活ができるよう、シェアハウスのオーナーや管理会社はいろいろと工夫をしてくれています。

全く素性のわからない人が入居しているなんてことはありえません。では、どんな人がシェアハウスに向いているのか。それはズバリ「寛容な人」です。シェアハウスではお風呂やトイレ、キッチンなどを共有する場合が多く、「自分が使いたいときに使えない!」「前に使った人の使い方が汚い!」なんてことはよくあることです。一緒に暮らす家族として、お互いを尊重し合いながら、共有スペースは利用しなければ、うまくやっていけません。

もちろん1日中キッチンを占領していたり、トイレを汚したままにするのはマナー違反ではありますが、そういう人と一緒に生活するかもしれない、そういう人にどんな対応をしたらお互いにストレスなく生活ができるか、といったことを自分で考え、冷静に解決したり、納得できる人でないと、シェアハウスでの生活は長くは続かないでしょう。また、自分にとっては当たり前のことであっても、まわりの人にとってストレスになることもあります。そんなときに「~を直してほしい」というまわりからの指摘を素直に受け入れる寛容さも必要です。いろいろな人と生活しながら、自分を成長させてくれる。シェアハウスにはそんな魅力もあるのではないでしょうか。