シェアハウスのあれこれ

さらに拡大していきそうなシェアハウス

シェアハウスという言葉を聞くと最近の言葉というイメージがありますが、決して新しいものではなく、シェアハウスをする人たちというのは以前からいます。例えば同棲生活をするカップルはある意味シェアハウスをしているともいうことができますし、友達同士が一緒に住み生活することで賃料の負担を軽減するという方法を取ることはあります。

とはいえ、シェアハウスは最近はちょっとしたアパートのような位置づけになってきていて、それ専用にリフォームをして貸し出しているところが多くなってきています。トイレやキッチンは共同であり、部屋だけがそれぞれプライベートな空間として利用するということです。賃料を低く設定して少しでも生活費を安くしたい人たちに便利な方法なのです。

また最近では民泊としての利用が話題となっていて、自分の家の1部屋を旅行で日本に来た外国人のために貸し出すというサービスをする業者が現れ、その業者に登録することで自分の家をシェアハウスにすることが行われているところがあります。つまり1つのビジネスであり、自分が物件のオーナーとなってうまく空き部屋を利用するのです。シェアハウスはこれからさらに拡大していきそうなそんな雰囲気があります。