シェアハウスのあれこれ

どういう人が住んでいるの?シェアハウス利用者の年齢層

利用者が年々増加しているシェアハウス。シェアハウスは家賃が抑えられたり、最初から家具や家電が備え付けられていたりと多くのメリットがあるので、住むことを検討している人も多いですよね。今回はシェアハウスを利用する年齢層やどういった人が多いのかをご紹介していきます。

主にシェアハウスを利用している世代は学生が多くを占めています。学生なので、20代前半の人が多いといった印象ですが、最近では学生だけではなく社会人の30代世代もシェアハウスを利用する人が増えています。このようにシェアハウスは20代から30代の若者が中心となり、独身の男女が利用しています。また、シェアハウスによっては年齢制限が設けられているところがあったり、高齢者向けのシェアハウスなども存在し、幅広い年代に利用されていることがわかります。

シェアハウスは、見知らぬ人とマンションや家をシェアして生活をするので、比較的社交的で、明るい人見知りしないタイプの人が住んでいることが多いです。また、留学中や長期滞在をしている外国人の人も住んでいる事もあり、異文化コミュニケーションが好きな人も利用しています。多くの人と交流を図り共同生活を楽しみたい人や、一人暮らしは寂しい、友達を作りたいといった方にシェアハウスは人気ですし、オススメです。