シェアハウスのあれこれ

なぜシェアハウスが人気なのか

最近、若い方の利用が増えていてよくテレビなどで目にするシェアハウスというものをご存知でしょうか。自分の部屋とは別に、共有スペースがある賃貸住宅のことです。見ず知らずの人が、共同利用することで交流が生まれ、リーズナブルに利用できます。このシェアハウスがなぜ人気なのか紹介したいと思います。

今現在日本でシェアハウスの物件は、2万室~3万室あるといわれています。そのほとんどが単身の社会人で、30歳前後の利用者が多いようです。また、外国人の利用も増えていて、様々な方との交流ができます。シェアハウスのメリットは、まずはなんといっても金銭面です。初期費用がほとんどかからず、また連帯保証人が必要ないなど気軽に住めます。そして、共益費は共同で利用するので月々の負担も小さくなります。そして、交流の場があるところです。

一人暮らしは、寂しい思いをすることもあり、人と繋がりたいと思う方の利用も多いようです。普段の生活では出会うことのない人達と交流できることで、友達になったり、カップルになることも珍しくないようです。後は、施設の充実です。物件によりますが、家具などが部屋に付いていたり、シアタールームなどの施設があったり、防音室があったりします。通常の一人暮らしでは考えられないものがあるので、とても魅力的です。しかし様々な方と交流できる分、トラブルなども多いので気をつけましょう。