シェアハウスのあれこれ

ゲストハウスって何?

ゲストハウスを簡単に説明すると、「宿泊施設の一種」です。 一泊2000~4000円という格安のお値段で宿泊することができます。
旅行者が一時的に利用するのが一般的で、料金の安さから外国人の旅行者が利用することが多いようです。
宿泊料金が安く抑えられる分、食事やアメニティグッズ(シャンプーや歯ブラシなど)はオーナー側から提供されないため、 自分で用意することになりますし、キッチンやトイレ、お風呂なども他の宿泊客と共有することになります。
また、多くのゲストハウスは「ドミトリー」と呼ばれる相部屋に寝泊まりすることになります。一部屋に4人から10人の宿泊客を泊めることによって、 オーナー側も宿泊料金を安く抑えることができるというわけですね。
「初めて会う人と相部屋で泊まるなんて大丈夫なの?」と思いがちですが、ゲストハウスは「初めて会う人と交流する場所」でもあります。
旅先で初めて会った人同士が一緒に料理を作ったり、リビングでテレビをみながらくつろいだり、一緒においしいお酒を飲んだり、 観光に出かけたりするということが可能なのが、ゲストハウスの長所です。
もちろん必ずしも人と交流しなくてはいけないということはありません。 最低限のマナーさえ守れば格安で、快適に利用することができる宿です。 あなたも、ゲストハウスを上手に使ってみませんか?