シェアハウスのあれこれ

シェアハウスだから保てる礼儀と距離感

友人と一緒に賃貸生活をする事はあっても、他人と住居を共にするというのは学生寮や下宿以外に今まではありませんでした。いくら仲の良い友人でも、所詮は他人です。価値観の違いなどでいろいろと問題が生じるのは避けられません。友人だからこれくらい言わなくてもわかるだろう、これくらいやっておいてよと期待をしたり、帰宅が遅ければ心配したり、同居人の生活が気になる訳です。

ところが人との距離感が絶妙に心地よいシェアハウスは、もともと他人同士なので、人の生活習慣については関与しませんし期待もしません。人に対する自分の構え方が根本から異なるのです。中には散らかす人、やりっぱなしの人、ルールの守れない人もいるかも知れませんが、これがあなたの友人だったら即喧嘩にもなるでしょうが、シェアハウスの同居人であれば感じ方も異なり多少は寛大になれるかもしれません。

そして常識のある同居人で気が合えば、生涯の友人となるかもしれません。一つ屋根の下で暮らす者という事はそういう仲間意識がわくものです。賃貸契約は支度金がかかります、家財道具を揃えるのも楽しいですが前者とあわせ初期費用が莫大にかかります。その点、即入居し生活ができ、退去も不動産屋との面倒な手続きもない画期的なシェアハウスは、今後若者層に限らず幅広い年代にも需要が増えると思われます。