シェアハウスのあれこれ

シェアハウスって個人スペースの広さはどれくらいあるの?

シェアハウスによって、寝起きする個人の部屋や共有スペースの広さは様々です。6畳一部屋となるとほぼ一般的なワンルームと同じ感覚で利用できるのではないでしょうか。ドミトリーなどの相部屋だと、個人のスペースの広さは限られています。ベッドとロッカーだけが自分のスペース、あとは全て共有となりますから、私物が多い人には少し狭く感じてしまうかもしれません。

自分のスペースの広さより、共有スペースの広さをシェアハウスを選ぶポイントにしている方も少なくありません。洗濯機の台数やお手洗いの数など、暮らしていく上でなるべく自分のペースを崩さず共有スペースが利用できるようにと考えると、共有スペースに割かれる広さの方を重視するのも「暮らしやすい」シェアハウス選びのポイントになります。単純にリビングなどが広いと、開放感があって気持ち良いというのもありますね。

シェアハウスの物件選びの際に、広さを指定して探すことももちろん可能です。仕事でどうしても私物が多くなってしまうという方は、限られたスペースでの生活が求められるシェアハウスでの暮らしは「広さ」から選ぶのがスタートになるのではないでしょうか。シェアハウスと言っても小さな部屋ばかりではありません。広い部屋も多く、それでも家具家電が充実しているお部屋もたくさんあります。まずは自分の生活に合った広さのお部屋をイメージして、検索してみてください。