シェアハウスのあれこれ

シェアハウスでうまくいく秘訣とは

シェアハウスと言えば、なんだか楽しそう、家賃も節約できて良さそう、一人だと心細いからよかった。など思って始める方が多いと思います。ですが、一緒に住んでみたら、買ってきた物を勝手に使われてしまった、掃除をしない、うるさくてたまらない、物を盗まれてしまった、など赤の他人と生活する上でどうしてもすれ違ってきてしまう場面が出てくるのも事実です。

そこで、私が経験した出来事を紹介したいと思います。数人でシェアハウスをしていた頃、シェアキッチンで以前住んでいた子から引き続いて貰った調味料や食べ物が腐っていて、せっかく冷蔵庫に入れても食中毒を起こしてしまう事件が発生。処理をしないシェアメイトに、捨てるように促すけれど、めんどくさがって何もしません。そこで、冷蔵庫の中を後日掃除する張り紙をして、捨てたくないものは名前の書いた袋に入れるよう促し、そうでないものは処分する事を伝えたのですが、何もせず、捨てられたことに怒り、他のシェアメイトの多数決もあり、その子は出て行く羽目になりました。

シェアハウスを始める前に、自分はシェアできるか、どこまでなら譲れるか、まず自分を見つめ直す事がとても大切です。そして、必ずルールを設ける事、もしくはどのような生活をするのかを良く話し合ってからシェアハウスをする事が長続きの秘訣とも言えます。