シェアハウスのあれこれ

シェアハウスでの生活のマナーについて

最近人気のシェアハウスでは、個室を除いた生活空間のほとんどを共有することになります。台所や洗面所を共有するというとなんだか不便に感じるかもしれませんが、一人暮らしでも、台所などを一人で使用している時間はそれほど長くはありません。洗濯等でも、時間をずらすなどのちょっとした工夫をすることで、それほど不便を感じないで生活をすることができます。

シェアハウスで基本的に共有することになる生活空間ではあっても、共有して使用するのがあまり適切ではないということもあります。一般の家庭では、洗濯物を干すときには家族の分全部を物干しに干すことになります。シェアハウスでは、この物干しは共有する生活空間に相当するので、本来ならば全員分の洗濯物について、同じ物干しを利用することになるはずです。

しかし、シェアハウスとは言っても、他人同士の洗濯物を同じ物干しに干すのに抵抗を感じることがあります。特に異性のものについてはなおさらです。また、物干しは他の人からも目に付きやすいこともあるので、干してあること自体に抵抗を感じることもあるかもしれません。そこで、自分としては気にしなくても、他の人の気持ちを確認して自分の部屋に干すなどの配慮が必要です。