シェアハウスのあれこれ

シェアハウスでは自己管理を徹底しよう

シェアハウスは共同生活です。その住居の中は、共同で使用する共有スペースと呼ばれるところと個人の過ごすスペースがあります。シェアハウスで生活を始める時には、それぞれルールがありますし、マナーを持った各個人が、気を使いながら生活をしていくので、快適な生活を実現できるところもあります。

しかしながら、基本的に注意しなければいけないこともあるのですね。それが自己管理です。例えば共有スペースに物が置いてあったら、それは共有しても良いという風にとらえられることもあるかもしれません。もしも各個人のものを共有スペースで使用する場合には、その管理に注意しなくてはいけないのです。一緒に生活をする中で、物がなくなったり、それを疑ったりするのは気分が良いとはいえません。そのためにあらかじめそうならないように自己管理に気を付けておかなくてはいけないのです。

また施設の使用の仕方だけではなく、掃除なども管理も大切ですね。各シェアハウスではもしかすると掃除当番などがしっかり決まっており、自分の役割も果たすことがあるかもしれません。それは共同生活をするうえではとても大切なことです。そのためにしっかりと自分の役割を認識して、シェアルームの生活を送っていかなくてはいけません。