シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで共同生活

シェアハウスは、共同生活をしますね。

これは、台所などは共同で使用して部屋は個人で使用するまるで合宿に近いものがあります。

でもやはりアパートなどと違って共同生活なのでみんなが家族なのです。

アパートなどは部屋に閉じこもっていればどんな人か分かりません、でもシェアハウスは共同生活なのです、年齢、性別、などバラバラですが一つ屋根の下、まるで友達のように顔を合わせてしかも家族の様に親しみやすくなります。

これはとてもいいことだと思います、少なくとも住んでいる人達は周りはどのような人なのか気になりますし自然と協力したくなるのではないかと思います。

誰かを思いやる気持ちも出て料理もおすそ分けしたり実家から送ってきた果物や野菜などを分けてあげたり一つ屋根の下の家族となりえるのですから。

またこのようなシェアハウスはやはり審査があると思います、大家さんがある程度人間を見て決めていると思いますので変な人はいないと思います、

都会ではひとり暮らしのアパートはさみしいものですその点シェアハウスは温かみのある住まいだと思いますね、誰か人のぬくもりがある人情ハウスではないかと思われます。

このようなところはなかなか空きが出ないでしょうね、それは住み心地がいいからです。