シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで暮らす際に注意する事とは

シェアハウスと言う物は複数人が同じ家で暮らす形になりますので、気をつけておかないと思わぬトラブルに巻き込まれる事があります。そうなってしまうと暮らしにくくなりますし、最悪の場合は退去などの可能性も出てきます。
まず、最も注意すべきなのは共有スペースでの言動になります。例えばお風呂上りにタオル一枚でリビングに居たり、鍵をかけずにトイレに入ったりなどの行動は避けた方が良いとされています。基本的にこの様な行動は顰蹙を買いやすいですし、特に男女で暮らしているような場合には大きな問題になりやすいと言えます。
また、共有スペースであるリビングやお風呂などを汚く使う事も問題になる可能性が高いとされています。この場合は食べかすを落としたままにしたり、浴室を濡れたままにしたりなど掃除が大変になるケースが該当します。仮に清掃業者が入っている場合でも決められた時間でしか掃除はされませんので、汚く使うような方は問題視されやすく場合によっては何らかのペナルティが課される事があります。
さらに、他人を不愉快にするような言葉も慎むべきだとされています。これは一般的なマナーでもありますが、それ以上に同じ家で暮らしていると言う性質上気まずくなるような言動はしない方が良いとされています。