シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで生活する際に意識した最低限のマナーや気遣い

シェアハウスをより経済的に利用するのに、カップルやお友達同士と言うのも少なくありません。家賃も通常の一人部屋に比べて安く済む上に、追加料金は要確認ではあるものの大抵月二万円ほどなので、金銭的にも安心です。念のためにそれぞれの名義で契約することで、トラブルも避けられますので、入居前に担当者に確認をするのが望ましいと言えます。

シェアハウスに二人で暮らすのに、最低限のルールを作る人を多く見られますが、昔から親しき仲にも礼儀ありと言ったことわざもあります。欧米に英語留学で行った際に、冷蔵庫やシャワーなどの使い方でルールを決めると言ったことを聞いたことがある人も少なくないでしょう。パソコンで動画や音楽を楽しむ際には、特に夜はイヤホンを使用することで、相手への気遣いにもなります。

アクセントを付けた生活でシェアハウスをより快適に過ごすには、パブリックスペースの利用です。国内外のいろんな人たちが利用しているので、息抜きでお喋りをするとリラックス出来ます。また、二人で暮らしているので、孤独に悩まされることも少ないので、うれしいです。集中して何かをしたい場合は、最寄りの図書館や気軽に入れるカフェを利用することで、バランスの取れた生活を送れるでしょう。