シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで異文化コミュニケーションも

シェアハウスを利用する人というのは日本の学生だけではなく、外国から日本の文化を学びにくる人が利用する場合も多いです。ですから外国人と暮らしたい人や異文化コミュニケーションをしたいという学生にも向いているでしょう。普通の賃貸であれば同じアパートに住んでいても交流などないことがほとんどですが、シェアハウスであれば挨拶を交わす機会も多く、外国語の勉強をしたいという人にも良いでしょう

住んでいる場所が学びの場所になることというのもあるものです。ですが外国の人との違いは話す言葉だけでなく食事、生活スタイルなどもあります。ですからちょっとした違いの積み重ねが共同生活に耐えられなくなるということにならないようにするために、どれくらいの外国人が住んでいるのかも確認してから住むことを決めるというのも良いです。

また、外国の人と交流できたとしても、違う国の人とは暮らす自信がないのであれば、外国人は入居しないようなシェアハウスを選びましょう。今は住んでいなくても、自分が長く住んでいると一緒に暮らさなければいけない機会が出てくる可能性もあるので、そういった今後の可能性も考えながらシェアハウスを選ぶと失敗しないでしょう。