シェアハウスのあれこれ

シェアハウスで過ごしやすい環境を整えるための「掃除の分担」

同世代の仲間やあるいは様々な経験や知識がある人達と共同生活ができるシェアハウスは、若者世代にとって新鮮だと人気になっています。共同生活はほとんどの若者にとって初めてのケースが多く、これからシェアをする場合、あるいはすでにできあがっている共同生活の中に参加するという場合も、そこでのルールや掃除など分担作業について、きちんと理解をすることが楽しく過ごせるための秘訣となります。

近ではシェアハウスはおしゃれなコミュニティという意識が広がって、あえて1人暮らしではない選択肢として選ぶ人も急増しています。どういった分担の仕組みがあるか、まだ知らないケースも多いのではないでしょうか。ほとんどの場合、シェアハウスでは掃除や料理は全員で、あるいは分担して行います。掃除が苦手という人もシェアハウスでは個人負担が少なく抑えられるのがメリットです。

掃除を行うのは主に共同スペースのリビングやバスルーム、トイレ、玄関などがポピュラーです。週に数回程度シェアハウスの住民が全員、あるいは分担で掃除をおこなう取り決めになっているケースが多く、逆に個人部屋は各自それぞれ片付けることが基本です。大人同士の共同生活ではまわりに迷惑をかけないよう最低限身の回りのことを整理整頓できるようにすることが、仲間とうまくやっていくスキルとなります。プライバシーを守りつつシェアハウスの清潔度もキープできるのです。