シェアハウスのあれこれ

シェアハウスとゲストハウスの醍醐味

近年でメジャーとなったシェアハウスとは複数人が1つの住居にて生活をする事です。家賃や光熱費に至る迄の維持費を入居人同士で出し合う事が出来て経済的で一人一人の出費が少なくてすみます。

ある派遣会社の寮では3DKに一人ずつすんでおりシェアハウスと同じ様な生活をしておりました。寮に住んでいる人から聞いた話では仕事と離れて緊張感がなくなった為か人間関係で気を使う事がなく、ちょっとした家族が出来て楽しい生活を送っていると言っていました。数人での共同生活をする事で何かあれば助けになる為大変心強いと言う声もあります。

また、ゲストハウスとは分かり易く言えばオープンな宿泊施設と言った所です。民宿とも呼ばれており、こちらは一つの部屋に数人の人が寝泊まりするのが基本となります。その為プライバシーやセキュリティー面で少し大変な所もありますが、それ以上に利点も多く存在致します。宿泊客が多く口にするのは一番に宿泊費用が安い事で、一泊当たり1,000円前後で寝泊まりが出来ます。特に沖縄県のゲストハウスでは1,000円以下での素泊まりが多く旅行者における長期宿泊なども受け付けているのでゲストハウスとしての人気は高いです。