シェアハウスのあれこれ

シェアハウスと一人暮らしを比較してみよう

これから実家を出て一人で暮らしていこうと考えた場合、手段としては今流行りのシェアハウスもしくは普通にアパートなどの一室を借りるということになります。どちらの方が良いのでしょうか?シェアハウスの良いところは、立地条件が良い、築年数が少ないなどの好条件でも割と安く借りられるケースが多いです。

また、既に家具や家電が揃っていて引越してすぐに生活しやすい環境です。買い揃える必要がなく出費が少なくて済みます。普段の生活では出会えない様な境遇の人に出会えたりして交友関係が広がることもあります。一人暮らしの良いところは、他人に気を遣う必要がないので自分の生活スペースを崩さずに好きな様に生活することができます。些細なこだわりも一人暮らしであれば、思う様にこだわれるので気が楽です。

シェアハウスの悪いところは、人に気を遣って生活をする必要があることです。もしも気が合わない人がいた場合はストレスに感じることもありますが、逃げ場がありません。一人暮らしの悪いところは、家賃や家具や家電を買い揃えるのに費用がかかるということです。自分一人で生活するのですから当然ですが、最低限のものを揃える場合でもお金がかかります。また、家には当然誰もいないので帰ったら誰かいるという安心感はありません。それぞれのメリットとデメリットは真逆の関係にあることがわかります。自分の性格にあった方の選択をするといいでしょう。