シェアハウスのあれこれ

シェアハウスと一般の賃貸で大きく差が出るのが初期費用

最近増えているのがシェアハウスと呼ばれるものです。シェアハウスの場合には一般の賃貸とどのような違いがあるのでしょうか。実は大きな違いや差が出るのが初期費用なのです。今日はそんなシェアハウスの初期費用の特徴についていくつか記したいと思います。

まず、シェアハウスと一般の賃貸物件の初期費用ではどちらがお得なのでしょうか。結論から言うと、シェアハウスのほうが圧倒的に安くなります。シェアハウスの場合には敷金、礼金というものがありません。ですので、それだけで数万円は安くなります。また、家具が備え付けですので新たに購入するものが少なく、その分初期費用を抑えることができるのです。荷物がそんなにない人でも、備えつけに必要なものが揃っているならば、身軽で住めるのが特徴です。

このようにシェアハウスと一般の賃貸物件を比べると初期費用は圧倒的にシェアハウスのほうが安くなります。物件によりますが、10万円以上も差がでる場合があります。とはいえ、実はシェアハウスは毎月の賃料が賃貸物件と比べると割高になります。そのため、2年など長く住むことを考えている場合には、賃貸物件を借りたほうがお得になる可能性があります。今後の予定を考えてから決めましょう。