シェアハウスのあれこれ

シェアハウスと高齢化社会

シェアハウスといえば、詳しいことはわからないけれど、単身者が集まって住む家というくらいは思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか。シェアハウスがある場所についても、繁華街や会社が近くにあり、年齢層も若いかたが利用しているという印象を持っていませんか。もちろん、そういうシェアハウスが主流であることは、間違いないと思います。

ですが、少子高齢化が進むこれからの時代には、高齢になりつつある方の利用も増えるのではないでしょうか。高齢の方といっても、しっかり元気にひとりで生活をされている方も大勢いらっしゃいます。だからといって、ひとりで暮らす不安やさみしさを抱えていないということではないと感じます。それぞれが自分のできることは行いつつ、足りない部分は補いあいながら、日々の交流を楽しみながら暮らせるシェアハウスが増えることによって、年齢を重ねる楽しさや喜びにもつながるのではないでしょうか

シェアハウスが少しずつ理解されて、広まっているということは、メリットが多いということも考えられるのではないでしょうか。医療や介護の設備が整った施設だけでなく、それらを利用することには、抵抗や金銭的な問題がある方にも、気軽に受け入れられるようなシェアハウスが増えることを願っています。