シェアハウスのあれこれ

シェアハウスならではのメリット

ひとつ屋根の下で若い男女がオシャレに暮らすバラエティー番組の影響で、シェアハウスが流行っています。言葉の通りひとつの家をシェアして暮らすことで、キッチンやバスルーム、お手洗いが共同となり、リビングにある本やキッチンにあるお鍋、フライパンも共有しているところが多いようです。シェアハウスで暮らすために最も重要なのはコミュニケーション能力だと言われています。

人と接することが苦手な人は苦痛になりますが、人と接するのが苦手だからこそシェアハウスがおすすめです。その為、社会に出るために必要なコミュニケーション能力が自然に身につきます。また、シェアハウス内でルールを設けていることが多いので、それを守らなければなりません。

バスルームを使う時間が23時まで、門限が0時まで、部外者は禁止などひとり暮らしとは違い、人に気を使わなくてはならないことも多いようです。ただ、帰宅すると誰かしらいて寂しいと感じることがなく、ホームシックにかかりにくいとも言われています。また、ひとり暮らしに比べて賃貸料が安いこともシェアハウスで暮らすメリットです。夢を実現するため、老後のため、結婚をするために貯金を貯めている人に適しているでしょう。