シェアハウスのあれこれ

シェアハウスにも種類があります

一言でシェアハウスと言っても幾つかのパターンに分類されます。
その物件の形態で分類することが出来ますので、しっかりとチェックすることが大切です。
まずは一戸建て物件をシェアハウスとしているケースです。
新築物件である場合もありますし、中古物件をシェアハウスとしている場合もあります。そこだけでも快適性の面ではかなり違いますのでチェックが必要です。
しかし、中古の場合も今は内装リフォームを行っているケースが多くなっており、キッチンやお手洗いにお風呂などは最新タイプとなっていることもあるでしょう。
また、一戸建ての場合は部屋数も多いためワンルームでの生活に比べて広さを実感でき快適性も高いというのが魅力です。
もう1つはアパートやマンションの一室をシェアハウスとして利用する例です。
一室に2部屋以上あるというのがシェアハウスとして使用する条件となっており、部屋の数分の人数の同時入居が可能です。
こちらも中古物件の場合はリフォームを行っているケースも多いようですが、あらかじめチェックが必要と言えるでしょう。
さらに、いずれのパターンでも物件所有者が一緒に住むというケースと、入居人同士のみでシェアするというケースがあります。
どちらかというと所有者が一緒に住んでいるとリーダー的な存在となる為、入居者同士のトラブルは少ないという傾向があるようです。