シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに付いているもの

シェアハウスは所謂住居のカテゴリーに分類されます。旅館業では無く住居スペースの提供となりますのであまりにも短い期間での契約は出来ません。最低1ヶ月になりますが、2.3週間の場合は管理人さんが上手にしてくれる場合もあります。シェアハウスには予め家具家電が揃っています。生活しやすいように個室にはエアコン、テーブル等もあります。一時期取り上げられた脱法ハウスも潜りであるので必ず内覧をしに行ったほうがいいです。もっと安く生活したいならドミトリーというスタイルのあるシェアハウスがおすすめです。住居費をかなり抑えて生活することが可能です。他人と一緒に住むことで安心も得ることが出来ます。他にはWHで来日している外国人の方も多く利用しています。普通の賃貸を契約するには保証人が要ったり、家具家電を1年の入居の為に購入するのも割高になるからです。勿論、各個室以外は共有スペースになるので他の入居者さんとのコミュニティーの場にもなります。又、共用スペースは週に1回の頻度で業者が掃除に来てくれます。忙しくしていても共用スペースの清潔は保たれています。各部屋は個人の管理になります。