シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに住むと心に余裕が生まれる

「心の余裕」があれば、人に優しくできたり大切な判断を要する場面で焦らなくなったりします。そういったメリットがたくさんあるので、意図的に「心の余裕」作りに励むのはすばらしいことなのですが、実際には難しいのが現状です。特に経済的に苦しいと、いろいろなことを我慢する必要性が生じ、結果「心の余裕」を作る毎日からかけ離れてしまいます。

しかし面白いことに、シェアハウスに住んでいる人の中には収入が増減していないにもかかわらず、「心の余裕」がある人をよく見かけます。

実際に住んでみて分かったのですが、シェアハウスに住むと、家賃などの生活費を節約できるので毎月使えるお金が増えます。そのういたお金で欲しいものを買ったり、スポーツなどの娯楽に費やすことができます。その結果、自然と心に余裕が生まれるというわけです。
また、「心の余裕」があればシェアハウスの住人たちと仲良くしようと思う余裕につながりますので、すばらしい好循環ですよね。

私生活が充実すると、仕事面にも良い影響を及ぼすことになると思います。組織全体のためになる建設的な意見を出そうとする気持ちが高まったりして、結果として仕事仲間からの信頼が高まり、重要なポジションに配属されやすくなるのではないでしょうか。