シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに住むメリット・デメリット

シェアハウスって、知らない人との共同生活に不安を感じる人も少なく無いんじゃないでしょう。 実際に顔を合わせることの無いシェアハウスも存在しているのも確かですが、最近では入居者同士でコミュニケーションを取り合えるように工夫されているシェアハウスも多数あります。 自分の部屋はしっかりあり(またはドミトリーですと数人で一部屋)個人スペースも守られています。

各々仕事は別々なので、生活スタイルが合わず食事などは各自になる事も多いですが、入居者全体の共通認識がどこへ向かっているかによって、シェアハウスの在り方が変わってきます。 ①生活の営みは極力シェアハウス内家族全員で共有しよう! ②シェアハウス内のことはみんなで決めよう! ③お互いのプライバシーを大切に ④自分のものは自分で管理する事 などなど、住みたいシェアハウスがどこを向いているかは今後の住み心地を大きく左右します。 自分空間に足を踏み入れて欲しく無いのに、上記2点は時間も身体も制限されることになりますからね。

逆に、仲間との時間を大切にしたい、居住地の枠から一歩進んで人との関わり合いを深めたい、と考えていたら、下の2点はストレスになるでしょう。 そういった意味でも、シェアハウスに住むに当たって大切なのは、【シェアハウス運営会社、もしくはそのシェアハウスの考え方を知ること】と言えるでしょう。 どんなシェアハウスでも、共同生活というのは人を成長させます。