シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに住んでみた感想

私は以前、海外に住んでいた頃にシェアハウスに住んでいました。海外では、単身赴任や留学生がシェアハウスで生活している事は珍しくありません。 広い家で整備されたキッチン、リビング、部屋があり、1人部屋で十分な広さならある意味1人でどこかのマンションの部屋を借りるよりも条件としては良いと思います。 シェアハウスの特徴は、オーナーあるいは管理会社がいて入居時に管理人役の方に色々な説明を受けルールを教えてもらいます。 そのうえで、皆さんと一緒に住みます。部屋のタイプは色々とありますが、2人部屋から4人部屋もありますし、勿論1人部屋もあります。それぞれに賃料が異なりますが、1人部屋が比較的に高いと思います。 部屋のグレードも、建物によって変わります。建物が高級な所なら設備も高級です。オーナーが買ったもしくは借りた部屋を開放し部屋相当分の入居者を募りますので。 場所相応の賃料が発生します。ルームシェアの良い所は、友人ができる所だと思います。 日本人だけでなく外国の人とコミュニケーションを取れます。語学勉強にシェアハウスやゲストハウスを選ぶ人も少なくありません。人間関係をあまり作りたくない人でルームシェアを選ぶ人は少ないと思います。勿論、問題を起こす人もいるので、何かあれば管理人役の人が監視して責任を持って対応します。それでも無理ならオーナーと連絡を取り、可能な限り対応していただけます。