シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに作家さんも?自分の空間と他人からの刺激を求めて

シェアハウスを利用する方の中には作家さんや芸術家さんもいらっしゃるようです。自分の家以外に作業場所として別の空間がほしい、一人でやっていると煮詰まってしまうので、適度に誰かと話をしたい等、様々な理由からシェアハウスが選択されています。マンションやアパートを借りるよりも比較的安く借りられる上、家具家電などが備え付けられていることで泊まり込んでの製作にも支障をきたすことがありません。

シェアハウスにも色々な部屋タイプがあり、数人で一部屋をシェアするタイプから、一人ひとり個室になっているタイプもあります。個室を選んで、気ままに共有スペースでくつろいでいれば一人の時間も他人との時間も得ることが出来るシェアハウスは、作家さんたちにとって今までになかった作業場所です。短期間の居住でもOKな物件が多いことから、ある作品の製作中だけという借り方が可能なのも魅力でしょう。

一緒に住む方としては、作家さんや芸術家さんと話す機会があるという点は非常に興味深いものです。このように、全く違う世界で働く方と交流が持てるのもシェアハウスの魅力です。お互いきちんと居住に関するルールを守って生活すれば、共有スペースで過ごす時間がWIN-WINであることは間違い無いです。色々な方が、それぞれの理由で選ぶシェアハウス、あなたも次の引っ越しで、この新しい住まいの形に飛び込んでみませんか?