シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに入居するための審査って?

シェアハウスに入居するとき、事前に審査を受ける必要はあるのでしょうか?アパートなどの場合、入居時の審査で職業や年収などがチェックされますし、保証人を用意するなどいくつかの項目をクリアする必要があります。審査の内容次第では家賃を支払う余裕があっても入居を断られるケースもあるでしょう。気軽に入れるイメージのあるシェアハウスで同様の審査があるのかどうかは、気になるところです。

シェアハウスでも職業や年収に関する審査を受ける必要はあります。家賃が安い傾向にあるとはいえ、継続的に支払っていけるかは必須の確認事項だからです。過去に家賃の滞納をしたことがないか、近隣住人とトラブルを起こしたことがないかなどの情報も場合によっては審査対象となりえます。ただし、保証人については用意する必要のないケースがほとんどです。

また、シェアハウスの審査ではコミュニケーション能力をチェックされることもあります。共有スペースがある分、アパートなどよりも住人同士でやりとりをする機会が多く、コミュニケーションが苦手だとトラブルに発展しがちだからです。面接で人柄などを判断されることもあります。特にそのシェアハウスの雰囲気に合っているかは重要視されることの多いポイントです。いくらお金を持っていたとしても、場違い感が強い場合には入居できない可能性もあるでしょう。常識を持っていれば、大抵審査は通ります。