シェアハウスのあれこれ

シェアハウスに友人を入れる際に注意する事

シェアハウスではルールなどが作られますが、部屋は自室であるために友人などを招くこともあります。仮に友人の入室を許可しているシェアハウスだとしても、友人などには細かいルールを知らせることがないことで問題が発生することがあるのです。一人での部屋の騒音などは大きくすることはないものの、二人以上になることで隣や周辺の部屋などに騒音として受け取られてしまう音が出てしまうことがあります。また、部屋以外の部分でも知らないうちに友人が問題を起こしていることがあります。それによって関係が悪くなってしまったり、知らないうちに距離を取られてしまうこともあるのです。シェアハウスに入れる友人というのは一時的であってもルールなど細かいことを教えておき、共有部分では守るように教育をしておくことが重要となります。
トイレや洗面所、ゴミ問題など共有部分では住人内でも当たり前のルールも普段の友人宅のように使うことで起きてしまう問題は多々あります。シェアハウスでは当人同士だけではなく、招き入れる友人なども自分の責任となるために指導や監視などをして、帰った後も見回りなどをして綺麗な状態になっているかチェックするようにすることでシェアハウス内のルールを守ることが出来ます。