シェアハウスのあれこれ

シェアハウスのあれこれ

シェアハウスとは広めの家などで各個人が共同生活をするスタイルの事です。シェアハウスのメリットとしては、家電や家具が最初からついている、費用が安い、年齢や育った環境の違う色んな人に出会える、などが挙げられます。リビング、トイレ、キッチン、風呂場などは共有ですがプライベートは各個人の居室で生活するというのが一般的なシェアハウスの仕組みになります。一人暮らしがつまらない、一人暮らしに不安を感じているという人には最適なシステムかも知れませんね。 シェアハウスには様々な人が住んでいます。普通の会社員、外国人留学生、ミュージシャン、起業家、実に様々です。生活スタイルも職業によってバラバラなのでカルチャーショックを受ける反面いろいろな職業の知り合いができ楽しく生活を送る事が出来ます。 シェアハウスに住む人の年齢層は以前は20~30歳までが多かったが今では30歳代40歳代の人も増え年齢層は高くなってます。 シェアハウスの家賃は大体4万円前後です。豪華なシェアハウスも一部ありますが全体的には価格を抑えたものが多いです。生活はいたって普通です。職業がバラバラなので基本的な日々の生活は各々違います。 しかし注意点はいくつかあります。例えば、共有部分は汚さない事、私物を共有部分に置かない事、最低限挨拶はする、などです。マナーを守り楽しく快適なシェアハウス生活を送りたいものです。