シェアハウスのあれこれ

シェアハウスのターゲット層

シェアハウスのターゲット層はコンセプトにもよりますが、その殆どは女性になります。全体の6~7割は女性になるようです。都会に出てきて取りあえず、生活費を節約したい目的でシェアハウスを選ぶ人もいます。日本人と外国人の割合は半分程度です。日本人に人気が無くても外国人に人気のある立地ですと外国人の割合が多くなります。その中でも旅行者よりもワーキングホリデーで日本に来られている方が多く住まれています。期間は1年程度の日本の滞在で一つの物件を借り、生活用品を購入して揃え、又破棄して帰国するよりは元々家具家電が揃っているシェアハウスが重宝される訳です。又、ドミトリーのタイプの部屋を借りればもっと安く家賃を節約する事が出来ます。保証人も不必要と言う事から人気が出ました。
又、日本のシェアハウスに滞在したワーキングホリデーの方が帰国した後に友達やこれから日本に行こうとしている方に自分の住んでいたシェアハウスを紹介する事で外国の方が前例があると言う事で安心して来日する事が出来るようです。そこも又ワーキングホリデーの方にシェアハウスが人気になる所以です。シェアハウスを管理している会社は他にも数か所の物件を持っている事が多いです。