シェアハウスのあれこれ

シェアハウスのルールを厳守して生活

賃貸でアパートやマンションの部屋を借りるのとは違い、いろいろと制約されることがシェアハウスは多いです。
アパートやマンションの部屋に住むのでも守らなければいけないルールはありますが、そのルールがシェアハウスのほうはもっと厳格です。
今までは普通にしていたことでもシェアハウス生活になったら制限されてしまった、住みにくくなったということもありますので、その点を踏まえて賃貸契約を結ばないと後悔します。

身近なところで例を出すならば、シャワーの使用が挙げられます。シェアハウスでなければ普通は好きに使っても構わないシャワーですが、シェアハウスとなるとそういうわけにもいきません。
たいていの場合でシャワーを使用できる時間は限られていますので、その時間で利用できるように生活サイクルを合わせていかなければならないです。

部屋にシャワーがついているなら問題ないですが、シャワーが共有になっているならそういうわけにはいきません。
このあたりが、アパートやマンションに部屋を借りて住むのとは大きく違う点です。
また、それ以外にもとにかく一緒に住んでいる人のことを考えながら住むのがシェアハウスで、思いやりの心を必要とします。
ですので、常識に照らし合わせて迷惑がかからないように住まなければいけないのです。