シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの仕組みについて

昨今耳にする機会も多いシェアハウスというものですが、興味はあれど他人と共有するのはどこまでかといったように仕組みがわからず足踏みをしている方もいらっしゃるかもしれません。一口にシェアハウスと言ってもその仕組みは様々なため、自分にあったシェアハウスを選択することが大切です。
まず基本的なシェアハウスの場合、リビングやキッチン、風呂やトイレといった水回りを共有することになります。その他にもシアタールームがあったり、トレーニングルームやスタジオといった独自の共有スペースを用意しているシェアハウスも存在しています。
部屋も多くの場合一般的なマンションのようにワンルームとなっています。中には二人で一室を利用するシェアタイプの部屋もあるため、友人同士で利用するなどおすすめです。
また、ドミトリーと呼ばれる複数人数でシェアする部屋というのもあります。ドミトリーは相部屋なため収納スペースなどが少なく、同室の方との相性に左右されるというデメリットもありますが、賃料が安価なことが多いため眠りに帰るだけといった方の利用も少なくないようです。
共有部分の清掃作業などにおいても運営事業者や管理人が行う場合や住人が行う場合などシェアハウスによって異なるため、事前に理解していおくと良いでしょう。