シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの仕組み

シェアハウスという言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、実際シェアハウスとはどんなものなのか仕組みについてご紹介します。シェアハウスは寮やマンション、戸建ての民家などで数名の方たちがそこで共同生活を行うことで、様々な特徴があります。

まず基本的な仕組みです。共同生活とはいえ基本的には入居者1人ひとりに居室スペースがあり、居室スペース以外で主にリビング、キッチン、トイレ、お風呂、洗濯機などを共有します。また、共有スペースの利用を通じて他の入居者と交流してコミュニケーションが図れるなどのことができます。入居者に関しても同性同士だったり、趣味嗜好が合う方たちとの共同生活だったりと様々で、日常の社会生活であまり接点がない職種の方たちとももしかしたらシェアハウスを通じて交流ができるかもしれません。

次に運営業者の仕組みです。シェアハウスは借りている物件の維持、管理、入居者管理を行ってくれる運営業者がおり、シェアハウスを利用するときにはそれぞれが個別に運営業者と入居契約を結びます。数多くの従業員を抱える運営業者もあれば、個人で運営している所もあります。

ちなみに主な共有スペース清掃は運営業者の管理担当者が定期的に訪問をし、清掃業者を頼んだり、住み込みの管理人が清掃を行ったり、住居者が当番制で行ったりと様々です。なので契約の際にその点を調べるのも良いでしょう。