シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの住人数は多い方がいい?少ない方がいい?

シェアハウスの規模は様々で、10人以下のシェアハウスもあれば、数十人が生活するシェアハウスもあります。それぞれのメリットとしてあげられるものをチェックすると、自分が住み、暮らす上でより快適なシェアハウスを見つけることができるでしょう。シェアハウスの住人人数に注目して、住みたいシェアハウスを選ぶ方も多いようなので、是非参考にしてみてください。

少人数のシェアハウスのメリットは、共有スペースの使用時間が重なりにくいことや、清潔感が保たれているという点があげられます。同じような生活習慣の人が多いシェアハウスで暮らすと、キッチンやお風呂などはどうしても時間が重なりがちです。少人数のシェアハウスなら住人人数が少ない分、使用時間が重なりにくく自然と譲り合いができ、また、使用者がはっきりしやすいので場をキチンと整えて次の方が気持ちよく使える配慮がされている場合が多いようです。

大人数のシェアハウスのメリットは、イベントやパーティなど住人同士の交流が活発な点があります。ただ単に一人暮らしをするのではなく、シェアハウスを利用する住人同士の交流を深め、世界やつながりを広げていけるのが大きなポイントです。シェアハウスによってはセミナーなどを開催したりと有益なイベントを開催している場もあるので、「せっかくシェアハウスを選ぶなら!」とこういった交流を楽しめる暮らしを選ぶ方も多いようです。