シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの入居審査に「通る人」と「通りにくい人」

連帯保証人が不要でマンションよりも入居しやすいシェアハウスですが、たとえシェアハウスといっても誰彼構わず入居できるとは限りません。中には、自分は大丈夫だといっても審査に落とされてしまう方もいるのです。「自分は入居審査に通るだろうか」と不安になる方もいるでしょう。シェアハウスの入居審査に通る人と通りにくい人の特徴を書いていきます。

シェアハウスに「女性限定」「起業家志望限定」などの条件を確認してみましょう。こういった条件がある場合、条件にそぐわないと入居審査に通過しないのです。次に年齢の項目も確認します。場合にもよりますが、30代までの方なら特に問題ないでしょう。次は最低入居期間を確認します。だいたい3ヶ月以下の場合は、場所によっては入居が難しいケースもあります。シェアハウスはコミュニケーションの場でもあるので、すぐにいなくなってしまうと住人もさみしくなってしまうからです。

他にも、あまりにも荷物が多すぎる方でも問題なく入居審査に通過する場合が多いです。倉庫があるシェアハウスなら問題ないです。外国人でも問題なく入居できます。先ほど書いた通りシェアハウスはコミュニケーションの場。人格に問題がなければ外国人でも大丈夫です。無職の場合でも、就職活動中だったり求職中であれば問題ありません。