シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの平均的居住期間と退去理由

シェアハウスは安く賃貸物件を借りられるという理由などで利用する方がいますが、実際にシェアハウスというのは
どれくらいの間利用がされるものなのでしょうか? また、退去する際にはどのような理由で出ていくのでしょうか?
まず、シェアハウスの平均滞在期間というのは国土交通省が2014年に発表したデータによると、一番多いのが「1~2年」が32.1%、そのあとに「6カ月~1年」が22.1%、「2~6カ月」が16.1%といった感じで、2年未満で退去する人が大半を占めている結果であります。
退去した理由については、結婚や異動など自身の環境の変化や、今住んでいる物件よりもいい物件を見つけたのが主な理由であり、この二つで全体の約6割弱締めている結果になります。
 また、人間関係のトラブルというものも多く、住人のマナーの悪さがあったり、トラブルがあったりといったような理由も一定数あり、実際に描いていたシェアハウスの理想と現実とのギャップに違和感を感じるような理由もあるようです。
シェアハウスは基本的には短期的に利用されることがほとんどで、なかなか長期的には住むことはないようです。
中には住民同士のトラブルもあるようで、なかなか他人同士が長く済むことは難しいところもあるのでしょう。