シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの料金は高い?

他人との共同生活が楽しめるシェアハウス。一般のアパートと比較して、居住費用は高いのでしょうか?
一般のアパートでは家賃の他に入居時に支払う費用として、敷金・礼金・仲介手数料などが必要となります。
また、電気代や水道代・ガス代・インターネット・共益費も負担しなければなりません。

それだけではなく、テーブルやソファーといった家具やテレビ・洗濯機・電子レンジのような家電など、生活必需品を買い揃えると、数十万円以上の費用が必要となります。
それに対し、シェアハウスの費用はどうなるのでしょうか?シェアハウスは運営事業者が管理している場合が多く、敷金・礼金・仲介手数料は不要です。
アパートなどで必要とされる連帯保証人も必要ありません。さらに、テレビ・冷蔵庫・ベッド・机・など、生活に必要な家具や家電が備え付けてある場合もあります。

共有スペースには電気ポットや炊飯器から掃除機・アイロンまであります。その上、インターネットの使用料がゼロの案件もあります。
従って、入居時の費用はアパートよりはるかに安く済み、文字通り、その日から生活が可能です。女性には安心の、防犯カメラ付きの案件まであります。
これだけの設備がありながら、一般のアパートよりお得なのがシェアハウスです。共同生活が好きな人はシェアハウスでリーズナブルに生活してみてはいかがでしょうか?