シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの料金システムとその良さ

シェアハウスの料金システムは、一般的な賃貸物件とは異なる部分が多くなっています。今回は、意外と知らないシェアハウスの料金システムについての説明をしていきます。まずは契約時にかかる費用ですが、通常の賃貸物件のような敷金・礼金がかからず、その代わりにデポジット(保証金)を支払う場合が多いことが特徴です。

デポジットは、契約終了後の返還を前提に支払う言わば預け金ですが、居住中に設備等を破損させてしまった場合には、デポジットを修繕費に充てる場合があります。月々の家賃は銀行振り込みや手渡しなどにより、契約時に定められた金額を支払うことになります。

シェアハウスでは家賃のほかに「共益費」を支払うことが普通です。共益費は、キッチンやバスルームなどにかかる維持費や使用料に充てられます。物件によっても異なりますが、シェアハウスは光熱費もこの共益費に含まれている物件が主流となっています。つまり、光熱費が共益費に含まれている場合であれば、電気やガス、水道が定額で使い放題となります。これはシェアハウスの料金システム上、最も大きいとも言えるメリットであり、通常の賃貸契約を交わして暮らすよりも大幅に安く生活することも可能となります。