シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの歴史とその魅力

シェアハウスは、日本では1990年代に普及されました。今では、学生や若い世代の人たちに人気がありますが、元々は日本人を対象に作られたものではありませんでした。シェアハウスは、日本に来た外国人たちの受け入れ先として利用されていました。彼らが日本でアパートを借りるには、家賃のほかに敷金、礼金はもちろん、連帯保証人が必要でした。連帯保証人になってくれる人を探すのが難しく、そういった外国人たちが暮らせるように利用されていたのです。

シェアハウス自体は、日本から始まったわけではなく、海外から普及されたものでした。シェアハウスはアパートでの一人暮らしに比べて、自由がないように感じるかもしれません。しかし、キッチンやシャワー室、トイレなどの共同スぺースのほかに、自分の部屋が確保されており、一人になりたい時は、自室に戻ることができます。

アパートを借りれば、敷金や礼金を合わせても家賃の数か月分を支払わなければならず、経済的に負担になります。シェアハウスは、家賃さえ支払えばすぐに生活することができます。また、テレビなどの家電や家具、インターネットまでそろっているところが多く、身一つで引っ越しても、特に困ることはありません。