シェアハウスのあれこれ

シェアハウスの生活は経済的な負担が少ない

シェアハウスは原則的に生活費を平等で負担して、支出に関して協力しながら生活している事が特徴です。

家賃は住む人の人数に応じて大きくならないので、賃貸物件を借りる時に住む人の人数や相談を通じて責任者が物件を決めます。地方の場合、住む人が多くなると部屋の数などを考慮した物件を選ぶ事が大切です。複数の家族向けの物件を探す事が優先ですが、1人の大人が負担をする費用を出来るだけ抑える事を優先してできるだけ広い物件を選ぶと良いです。

家賃が10万円の物件を選んだ場合、4人の大人が住んでも1人当たり2万5千円で済みます。食費は切り詰められたとしても1万円程度で、交通費などの費用を含めても少なくとも月に5万円の収入が得られるとシェアハウスでの生活が可能であると言えます。アルバイトなどで収入が少ない人の場合、安定的な正社員などに就いている責任者が多く負担するなどの工夫で、お互いの足りない部分を補いながら生活する事がシェアハウスの意義と言えます。