シェアハウスのあれこれ

シェアハウスはメリットもあればデメリットもある

シェアハウスとは、自分のお部屋とは別に住民みんなで共同利用できるリビングやキッチン、お風呂、トイレなどの共有スペースを持った賃貸住宅です。
少人数から100人規模の大規模シェアハウスまで物件によって様々です。シェアハウスが気になる方にメリットとデメリットをお伝えします。

メリットは、物件によっては家具や家電、カーテンや寝具、インターネットなど生活に必要なもの最初から揃っていたり、
物件によっては敷金礼金などの初期費用が安く抑えることが出来たり、個人では所有できないような防音室やシアタールーム、大浴場などの特別な共有スペースがある物件もあります。
また、住む人の性別、年齢、国籍もバラバラなのでシェアハウスに住んでいなければ会えなかったであろう様々な人と関わることが出来るため色々な経験が出来ます。

デメリットは、苦手なタイプの人がいる可能性や騒音問題、シェアハウスの規則によっては友人や恋人を呼ぶことが出来なかったり、
生活環境が違う人同士の共同生活なので人間関係のトラブルや盗難がある場合もあります。
シェアハウスで恋人ができて別れてしまった場合気まずくなる可能性もあります。また、シェアハウスが閉館し住むことが出来なくなる可能性もあります。