シェアハウスのあれこれ

シェアハウスは寂しがりの人におすすめ

独身で一人暮らしが長い人にとっては、仕事帰りなど夜誰もいない部屋に一人で帰宅するのは寂しく感じます。真っ暗な部屋に入り、冬は寒くて余計に寂しさが増します。特に女性の場合には、女性の一人暮らしというと狙われやすく、防犯面も心配になります。

そんな時、シェアハウスに住んでいると、帰宅すると誰かがいます。夜遅く帰ってきても起きている人もいたりします。リビングに行けば誰か話す相手がいるかもしれません。女性専用のシェアハウスもあれば、男女兼用のシェアハウスもあります。そこで出会いがあることもあります。シェアハウスに住んでいると、一人暮らしではないため防犯面も安心できます。特に女性の一人暮らしはセキュリティーのしっかりしているマンションでなければ危険です。しかし、そんなマンションはたいてい家賃が高くなります。

シェアハウスに住んでいると、リビングやトイレ、お風呂だけでなく、家電製品や調味料、食器までもがシェアするところもあります。一人だと調味料も賞味期限内に使い切れなくて、捨てる羽目になることもあります。そんな時はとても寂しく感じます。しかし、シェアハウスに住んでいることで家族がいるような感覚になります。調味料も共有することもあるので、賞味期限切れになるようなこともありません。シェアハウスは人恋しくなった時や寂しがり屋の人には精神安定にもなります。