シェアハウスのあれこれ

シェアハウスを利用している年齢層

シェアハウスは、20代の若い人たちが多く利用しています。学校に進学するために実家を離れた人や、就職のために都会に出てきた人たちは、新しい場所に慣れていない状態です。新生活に慣れない状態で一人暮らしをすると、寂しさを覚えてしまうでしょう。シェアハウスを利用すれば、同じ境遇の人たちと一緒に生活をすることができるので、寂しさを感じてしまう心配はありません。新しい環境でも友達を作れるようになるのです。また、若い人たちは金銭的な余裕がないため、シェアハウスを利用することで大きなメリットを得られるようになってきます。
学校に通っていたり、就職したばかりだったりすると、得られる給与も少ない状態です。この状態で高い家賃を払わなければいけないと大きな負担になってしまいます。シェアハウスを利用すれば安い家賃を払って住んでいくことができるので、若い人たちでも余裕を持って暮らしていくことができるのです。シェアハウスは、基本的に20代の若い人たちが暮らしていますが、最近は高齢者の方も利用し始めています。一人暮らしの高齢者が集まって生活することで、孤独を解消しお互いに助け合って暮らしていけるのです。今では、若い人から高齢者まで様々な年代に利用されています。