シェアハウスのあれこれ

シェアハウスを利用するときに注意すること

シェアハウスは、家賃を抑えられるわりに設備の立派な共有スペースであるキッチンや浴室を使えるメリットはありますが、共有であるがゆえの注意点もあります。共有スペースではあっても、冷蔵庫の中の他人のものを勝手に使ってしまうと、後々トラブルの原因になったりします。

調味料などは少しなら使ってもいいかという感覚の人もいますが、他人の物は他人のものとして分けておいたほうがトラブルにはなりにくいようです。それでも借りたいときは、使っていいかどうか、必ず本人に確認してからのほうがいいでしょう。 掃除は、ゲストハウスなどでは管理人がしてくれることが多いですが、シェアハウスでは共有スペースなど掃除は住民同士で協力してやることがほとんどです。よく話し合って、掃除当番など決めたら、他の人の迷惑にならないようにしっかりと掃除をしましょう。

ここで、きれい好きな人と、そうでない人との間に掃除の仕方などでトラブルも起きやすいそうですが、いろいろな考えや価値観、今までの習慣を持った人たちが集まる訳ですから、ある程度は受け入れるという気持ちも必要かもしれません。 ずっと一緒に住んでいると、実家にいるような居心地の良さを感じてくるかもしれませんが、やはり他人同士なので、お互い必要最低限のマナーは守りたいですね。