シェアハウスのあれこれ

シェアハウスを利用する年代は?年齢制限はある?

シェアハウスを利用する年代として多いのは、20代~30代の独身社会人と言われています。しかし、昨今はこれにとらわれない多くの年代の方がシェアハウスの利用を希望しており、このような年代を中心に、学生や高齢者の方々も利用されているようです。ただ、共同生活をする上であまりにも年代や境遇が異なると、価値観の違いからちょっとしたトラブルが起こることも。シェアハウスによっては住人に対し年齢に関する条件を設けているところもあります。

もちろん年代問わず同じシェアハウスを利用している、という場も多く、他にはない交流が楽しめるということでメリットを感じている方もいます。また、年代に関する条件を設けているシェアハウスでは、それぞれの年代が暮らしやすいと感じる設備やデザインを取り入れており、より快適にシェアハウスでの暮らしができるよう様々な工夫がなされていることもポイントです。

年代を問わず、居住にかかる費用を抑えたいと考える方は多くいらっしゃいます。また、「シェアハウスを利用する」という点において生活の意識が近い方と共同生活を行うことは、小さな他人とのつながりを大切にできるという人が集まっているという点にも注目すべきでしょう。全くの一人暮らしとは異なり、より人の気配が近くで感じられるシェアハウスは、年代問わず「住む場所」の一つの選択肢になり得るのです。