シェアハウスのあれこれ

シェアハウスを利用する時は契約方法を確認しよう

シェアハウスの契約をする場合、知らない人と突然一緒に暮らすことに抵抗がある人は、同じく自立を考えている友達や知り合いがいたら、声をかけてみるのはいかがでしょうか。出来れば、一緒に暮らして支障がない人、他の人に紹介しても構わない人を選ぶのがいいでしょう。まずは、自分が住んでいる近くでシェアハウスを行っている物件がないか調べるところから始めましょう。

シェアハウスは、アメリカなどではポピュラーなものとなっており、家事を分担するなどして学生が複数で滞在していることがほとんどです。なので、留学する時にシェアハウスを利用する日本人もいます。その際、学生の場合は、学校の掲示板などの張り紙を見て申し込むことが多いようです。ただし、日本のシェアハウスとは契約など条件が異なるので、良く調べてから行動に移した方がいいでしょう。

家を出たいけど、一人暮らしは不安だなとか、新しい土地で一人なのは寂しいなと思う場合は、シェアハウスを探してみると良いでしょう。複数の人達で一つの家に住み、掃除や料理などを分担するなどの共同生活をすれば、きっと良い経験になるに違いありません。寮母さんがいたり、ご飯が出てくる会社の寮とは少し違って、自立にもつながるでしょう。契約条件は、その会社によってさまざまなので、良く調べた上で手続きをすることをお勧めします。