シェアハウスのあれこれ

シェアハウスを経験するには若いうちに

シェアハウスを経験するには、やはり若い時が1番良いです。特に大学生から社会人2年目になる前の数年間がベストではないでしょうか。
理由は2つあります。1つは、大学生になって初めて一人暮らしを始める場合、やはり近くに知り合いがいる方が良いですし、何かと心の支えになります。大学生になれば羽目も外したいでしょうし、背伸びをしたがるのですが、ふと我に帰るとなんとなく虚しさを覚えることになります。そんな時に、近くに話ができる友人がいれば救われることもあると思います。そんなきっかけとしてのシェアハウスを経験してみると意外に居心地が良いと感じるはずです。
一方で、同じような境遇として、社会人になって2年目までは、シェアハウスを経験することにより、知識や考え方を学ぶ良いきっかけになります。社会人当初は不安ですし、手につく仕事で生計を立てていく必要もあります。そんな環境においても、精神的な支えとして、シェアハウスが有効であると思います。
最近はうつ病などな精神的な疾患を予防する目的として、シェアハウスは注目を浴びつつあります。
他人同士でも、友人同士でもシェアハウスによってお互いにメリットがある生活ができればよいですね。