シェアハウスのあれこれ

シェアハウス利用に知っておきたいこと

シェアハウスとは、1軒家を複数人で借りる形で住むスタイルを言います。そのため多くのシェアハウスが1部屋を1人に割り当てて、家族で住む際に共有スペースになっている場所、リビング、台所やお風呂などは共同で使用するスタイルが多いです。下宿などでは共有スペースは同じでも大家がごはんを作ってくれますが、シェアハウスは全ての雑用を店子が分担して行います。

そのため、シェアハウスに住むためには人とコミュニケーションが取れる人物かどうかが重要になります。特に共有スペースの掃除などは今までの生活習慣の違いからトラブルになりやすいところなので、居住者全員でルールを決めて守る必要があります。シェアハウスに住んでみたいという方は、そこにどんな人物が住んでいるのか、自分がその人たちとコミュニケーションをとることができるのかをしっかり考えてから入居を決めましょう。

外国人の方も住める国際シェアハウスだと、習慣が合わないこともありますが国際交流ができるメリットがあります。さらに、お風呂の時間が国によってもバラバラで日本のように夜にしっかりお風呂に入る国が少ないことから、お風呂渋滞に巻き込まれないお得なできごともあるそうです。