シェアハウスのあれこれ

シェアハウス利用時の注意点について

最近は若者から高齢者まで、シェアハウスを利用する人が多いようです。しかし、全くの他人と一緒に暮らす訳ですから、いろいろとトラブルも多いようです。
特に高齢者の場合は、長く人生を生きてきたわけですから、自分の生活形態という物がある程度確定しています。
更に高齢になると、自分を変えるというようなことは大変なことになります。

その中で、シェアハウスで生活するのはどうなのでしょうか。若い人たちが考えるよりずっと大変なことでしょう。
もちろん、シェアハウスと言っても四六時中一緒に暮らす訳ではありませんが、誰かと一緒に過ごす場所が沢山あります。
食事もしかりです。自分の食べたいものばかりを食べるわけにもいきません。また、冷蔵庫なども共用ですから、そこに自分の物を入れておく際にも注意が必要になります。

例えば、名前を書く等でしょうか。それでも、冷蔵庫を開けたら無くなっていたというような話は時々耳にします。
掃除の当番もあるようですが、それも人によって差があります。この人は綺麗にしてくれるのに、あの人は適当であるというような不満が出てきます。
シェアハウスで生活をするなら、高齢者ほど心の準備をして、他の人たちと交わって行くことに注意を払うようにしなければなりません。お互いに気を付けて楽しい生活をしたい物です。