シェアハウスのあれこれ

シェアハウス時はお金の管理は徹底に!

シェアハウスは珍しい時代ではなくなりました。東京の1ルームを借りて毎月ギリギリならシェアをして経済的に余裕を持った方がメリットがあると思う方も少なくないでしょう。友人とシェアハウスをする方もいらっしゃると思います。そこで気をつけなければいけない事はズバリお金です。毎月、家賃も光熱費も請求はきますもんね。

3人以上で共同生活すると、ルーズな人も含まれてる可能性が非常に高く、家賃、ちょっとまって・・・などの事態に陥る事があります。こういう場合、待ってあげるのも友情ですが、1度許すと人間は甘えが出てきてしまい続いてしまうこともあります。その為、ここは徹底して事前に話をしといた方が良いと思います。例えば、家賃、光熱費を1カ月延ばす場合は翌月に2倍支払うなどのペナルティは必要だと思います。

どうしても友人同士はなぁなぁになりがちですが、社会人として当然の事です。シェアハウスではお金がキッカケで人間関係が崩れるパターンが多く、友情関係は壊れてしまいます。元々、遅延していた本人が悪いのですが、理屈道理にいかないのが、友人関係。先に、遅延した場合はどんな理由があろうとも、ペナルティは受ける。続くようなら退去位、徹底して決めた方が長い目で見るとお互いの為になります。シェアハウスは気楽な半面、人間関係破壊の要素は大きく含まれています。これさえなければ、固定費も安く、楽しく住めて一石二鳥なのは間違いありません。